結婚のギフトのマナー

結婚のお祝いとでお祝いギフトをもらったり、贈ったりする機会は意外とあるものです。
ところで気になるのが結婚式のお祝いギフトに何かマナーや作法ってあるのかということです。
結婚披露宴に呼ばれたときにご祝儀を包みますが、以前聞いたことがあるのが割りきれる数字の金額のご祝儀は避けたほうがいいということです。
友人や同僚の結婚披露宴に参加するとご祝儀として3万円を包む場合が多いのではないでしょうか。
2万円だと割り切れてしまうからあまり好まれないということを聞いたことがあります。
割り切れる数字は別れることを意味するからだそうです。
そうはいっても金欠や付き合いで呼ばれた披露宴だと3万円出すのがきついという場合もあると思うのです。
確かに私も2万円をご祝儀に包んだこともありますし、包んでいる人も見たことがあります。
今は昔ほどご祝儀の金額にはうるさくないようで、2を割り切れる数として捉えるのではなく、ペアとして捉えるという考え方もあるようです。
また結婚のお祝いギフトについて調べてみて驚いたのですが、昔は食器やグラスなどの割れ物をお祝いギフトに贈るのは縁起がよくないといわれていたそうです。
今は食器やグラスなどを好んで贈っているのでそんなマナーがあったこと自体に驚きです。
それを考えると昔ほど今は結婚のお祝いに関するマナーやしきたりについてうるさく言われなくなっているのではないでしょうか。
それでも最低限のマナーについては心得ておくべきです。

話題のこのネタ、このサイトがイチオシです

Copyright (C)2017 なかなか決められないあなたに!喜ばれる結婚・出産のお祝いギフト All Rights Reserved.